都内の撮影スタジオ「高商スタジオ」 |  都内で撮影スタジオをお探しなら

都内のオフィススタジオなら社長室の再現も可能!撮影スタジオ種類と手配手順

スムーズに撮影を進めるためには、撮影スタジオの種類や手配の手順を押さえておく必要があります。無用なトラブルを避けるためにも、事前に確認しておきましょう。こちらでは、撮影スタジオの種類や手配の手順について詳しく解説します。高商スタジオでは、社長室などを再現できるオフィススタジオの貸し出しを行っております。都内でオフィススタジオのレンタルをご検討の方は、ぜひ一度お問い合わせください。

オフィススタジオを利用する前に知っておきたい!撮影スタジオの種類

オフィススタジオを利用する前に知っておきたい!撮影スタジオの種類

撮影スタジオには、ホリゾントスタジオとハウススタジオの2種類があります。それぞれの特徴を見ていきましょう。

ホリゾントスタジオ

壁の色によって白ホリ・黒ホリと差別化して呼ばれるスタジオです。壁のすみが丸い場合は、アールホリゾントやホリゾントアールなどと呼ばれます。

外光がカットされている場合が多いため、照明機材を使用します。家具などは置かれておらず、シンプルな撮影に適しています。

ハウススタジオ

和風・洋風・リゾートなど、様々なコンセプトに沿ってインテリアが取り揃えられたスタジオです。多種多様なコンセプトのハウススタジオがあるため、撮影内容に合わせて幅広く選ぶことができます。

ホームページなどをチェックして、希望するシチュエーションにぴったりのスタジオを見つけましょう。

高商スタジオでは、社長室などを再現できるスタジオセットの貸し出しを行っております。都内で撮影用オフィススタジオをお探しの方は、ぜひ高商スタジオをご利用ください。

撮影スタジオの手配の手順

撮影スタジオの手配の手順

撮影スタジオの手配の手順について、確認しましょう。

1.撮影日時とエリアの決定

まずは、撮影を行う日時とエリアを決定し、モデルやカメラマンとスケジュールを調整しましょう。

スケジュール次第では予約できないエリアもありますので、注意が必要です。

2.スタジオ候補のピックアップ

撮影内容が決まったら、スタジオ候補のピックアップを行います。

まずは、ホリゾントスタジオかハウススタジオかを選択し、次にエリア周辺で条件に合うスタジオがあるかどうかを調べます。予算に合っているか、撮影内容が規約違反でないかも調べておかなければいけません。

人気のスタジオは予約が取れないこともあるため、候補をいくつか決めておきましょう。

3.スタジオの仮予約

候補が決まったら、仮予約を行います。

クライアントから依頼された撮影の場合は、候補のスタジオをすべて仮予約しておくとよいでしょう。あらかじめ候補のスタジオを押さえておき、クライアントに選んでもらうのがおすすめです。

4.予約の確定連絡

使用するスタジオが決まったら、確定連絡を行います。その際、改めて支払い方法やキャンセルポリシーなどの確認をしておきましょう。

使わないスタジオについては、キャンセルの連絡を入れておきます。

5.撮影申請書の提出

スタジオによっては撮影申請書が必要な場合があります。求められた際はきちんと内容を確認し、提出しましょう。

高商スタジオでは、様々なロケーションのスタジオセットの貸し出しを行っております。撮影時のリスクを把握しているスタッフが撮影に立ち会うため、万が一の場合も安心です。都内で撮影用オフィススタジオをお探しの方は、ぜひ高商スタジオまでご相談ください。

都内の撮影用オフィススタジオで社長室を再現!高商スタジオへ

ホリゾントスタジオとハウススタジオの2種類からイメージやコンセプトに合ったスタジオを選び、しっかり手順を踏んで撮影を行いましょう。人気のスタジオは予約が埋まってしまうのが早いので、余裕のあるスケジュールを組むことも大切です。

高商スタジオでは、社長室の再現もできる撮影用オフィススタジオを都内に複数ご用意しております。どのオフィススタジオも各テレビ局からアクセスしやすい立地にあり、24時間使用可能です。都内で撮影用のオフィススタジオをお探しの方は、ぜひ高商スタジオをお役立てください。

都内のオフィススタジオでMV撮影するなら高商スタジオ

社名 株式会社 高商
代表者 橘田 利秋
設立 1976年10月
資本金 1000万円
本社住所 〒160-0022 東京都新宿区新宿3丁目9−10
TEL 03-3356-0067
FAX 03-3356-0929
URL http://www.takasho-studio.jp/
従業員数 11名(2019年8月現在)